【軽量化の極意】機内持ち込み7kg以内を実現するパッキングのコツ 海外旅行で使えるおすすめ多機能&軽量アイテム

重い物 旅行

海外旅行で荷物は軽量7kg以内に!機内持ち込みで実現する快適旅

海外旅行の準備で、荷物の重量制限に悩んだことはありませんか?

多くのLCCが追加料金のかからない重量を7kgに設定しています。

7kg以内に制限しようと思うと、必要なものが持ち込めなくなる不安や、旅行中に必要なものが足りなくなる心配で、荷物が多くなってしまうことがありますよね。

そんな悩みを解決するのが、軽量多機能アイテム&パッキング術!

「えっ、7kg以内なんて無理!」

そう思うかもしれません。でも、ちょっとしたコツを掴めば、7kg以内でも快適な旅を実現できるんです!

この記事では、軽量パッキングの秘訣と、おすすめ的多機能&軽量アイテムをご紹介します。

これを読めば、あなたも荷物のストレスから解放され、身軽で快適な海外旅行を楽しめるようになります!

荷物を減らして、快適な旅へ出発しましょう!

この記事がオススメな方
  • 軽量な荷物で快適に旅行したい方
  • 荷物を減らしたいけど、不便になるのはイヤな方
  • 機内持ち込みの重量制限をクリアしたい方
  • 荷物をどうやって軽量化するのか知りたい方

荷物を軽くするとなんかいい事あるの?

船を見送るリュックを背負った旅行者

軽量パッキングのメリット・デメリット

荷物が多いと、移動が大変になるし、手荷物紛失のリスクも高まる。

でも荷物を減らすのはメリットだけじゃない!デメリットも理解して、自分に合った方法を選ぼう。

メリット

  • 荷物預け料金の節約
  • 空港での待ち時間が短縮
  • 手荷物紛失の心配が減る
  • 体への負担が軽くなる
  • 旅の自由度がアップ
  • 謎の達成感を得られる

デメリット

  • 色々と選択肢が狭まる事がある。
  • 必要なものが現地で手に入らない可能性がある。
  • 洗濯の頻度が増える。
  • 現地での買い物が制限される
  • フォーマルな服装や大量の化粧品は持っていけない。

荷物が軽量なら、リュック一つで旅行できるから移動も楽々!

7kgパッキング成功の鍵 最低限の持ち物リスト

リストをチェックするペを持った手

実際に持ち物リストを書き出すと本当に必要なものが分かりやすくなり忘れ物も減ります。

必須品

  • パスポート
  • 航空券
  • 現金
  • クレジットカード
  • スマートフォン
  • 充電器
  • 洗面用具
  • 着替え

別になくても良い物

  • シャンプー、リンス、ボディソープ (ホテルで用意されている場合が多い)
  • ドライヤー (ホテルで用意されている場合が多い)
  • ガイドブック (スマホで代用可能)
  • (電子書籍リーダーで代用可能)
  • 短期旅行なら、フォーマルな服装は不用

軽量パッキングの鍵は、本当に必要なものだけを持っていくことです。

Great Gear, Great Travel素晴らしい装備で、最高の旅を!」という考え方があります。

これは、旅をより快適で充実したものにするために、自分に合った「素晴らしい装備」を見つけることを意味します。

「Great Gear」とはどのような装備でしょうか?

それは、単に高価なものではありません。自分の旅のスタイルや目的に合った、機能的で使い勝手の良いものです。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 軽量で持ち運びやすいバック
  • 動きやすく快適な服装
  • 旅先で役立つガジェット

自分だけの「Great Gear」を見つけることで、旅の負担を軽減し、より多くのことに集中することができます。

海外旅行のパッキング 7kgの壁を突破せよ!

持ち物は小さい、軽い、多機能、が基本

荷物を減らすには、多機能なアイテムを賢く活用しましょう。

1つで複数の役割を果たせるアイテムを選ぶことで、荷物を減らせます。

多機能アイテムを活用すれば、荷物を減らしても快適性を犠牲にする事無く旅行できます。

ニッキー
ニッキー

7kg以内に抑えるなんて私には無理だわ

俺

結論から言うと3kg程度の重量オーバーならポケットの多い服に荷物を入れて着れば機内持ち込み制限はクリアできるんだ。

トラベルベスト

トラベルベスト トラベルジャケットは、重量制限を回避したい方におすすめの多機能ベストです。大き目のポケットがたくさんついているので、PCや充電器などの重い物を入れれば、機内持ち込み7kg以内を目指すパッキングにも最適です。

服とバックの兼用

機内持ち込み時の重量回避に

背中ポケット 縦約20cm 横約37cm


トラベルベスト 背中

背中台形ポケット 上辺約11cm 高さ約40cm 下辺約50cm

俺

でも結局は重い荷物を持ち歩く事になるから全ての物を軽量化した方がいいぜ!

ニッキー
ニッキー

快適なのが一番ね!

軽く感じる荷物の詰め方

パッキングする際は、荷物を入れる順番も大切です。旅行や出張で荷物を詰めるとき、少しでも軽く感じたいですよね。

実は、パッキング方法によって体感重量が大きく変わるんです。下記は、リュックとスーツケースそれぞれの、軽く感じる荷物の詰め方の例です。

バックパックの軽く感じる荷物の詰め方
リュック

背負うものなので、重心が背中に近いほど軽く感じられます。

  • 重たいものは背中に近い上部へ
    一番重いものは、リュックの背中に近い上部に入れましょう。肩にかかる負担が軽減され、長時間背負っても疲れにくくなります。具体的には、ノートパソコン、充電器、書籍などが入ります。
  • 軽いものは外側や下部へ
    軽いものは、リュックの外側や下部に入れましょう。こうすることで、重心が分散され、全体的に軽く感じられます。具体的には、着替え、タオル、洗面用具などが入ります。
  • 隙間を埋める
    荷物の間に隙間があると、荷物が中で動き回って重く感じやすくなります。隙間を埋めるように、靴下やTシャツなどを丸めて詰めましょう。
スーツケースの軽く感じる荷物の詰め方
スーツケース

キャスターで引っ張るので、重心が下にあるほど安定します。

  • 車輪側の下部に重いもの
    スーツケースを転がすとき、車輪にかかる負担を軽減するために、重たいものはスーツケースの下部、車輪に近い位置に詰めます。具体的には、靴や書籍、お土産などの重たいものは、スーツケースの底面に平らに並べましょう。
  • 軽いものは上部に
    衣類や洗面用具などの軽いものは、スーツケースの上部に詰めます。こうすることで、重心が下になり安定します。
  • 圧縮袋を活用
    衣類を圧縮袋に入れて収納することで、荷物の体積を減らすことができます。特に、冬服などかさばるものは圧縮袋を使うと効果的です。

一石二鳥なオススメ多機能アイテム

荷物を減らすには、多機能なアイテムを活用しましょう。

1つで複数の役割を果たせるアイテムを選ぶことで、荷物を減らせます。

以下は、荷物を軽量にしたい方におすすめの多機能&便利なアイテムです。

衣類・ファッション

たくさんの衣類をたたむ人

衣類は荷物の多くを占める! 賢く軽量化して荷物をスッキリさせよう!

1枚で複数の着方ができる服を選び持って行く枚数を減らしましょう。

速乾性Tシャツ・速乾下着

旅行中に洗濯してもすぐに乾き、着替えを減らせる

衣類の素材は、速乾性と軽量性を重視しましょう。汗を素早く吸収・乾燥させる素材は、洗濯後の乾きが早く、夜に洗濯しても次の朝には着られるので、持って行く枚数を減らすことができます。

  • 汗をかいても快適に過ごせる
  • 着たままシャワーを浴びれば洗濯の手間を省ける

薄手軽量のダウンジャケット

寒暖差は重ね着で対応する。

俺

寒い所もこれがあればでOK!

ポケッタブルなウルトラライトダウンジャケット

ヒートテック(上下)

ニッキー
ニッキー

重ね着すれば寒暖差にも対応できるわね。

防水ウインドブレーカー

1枚で複数の着方ができる服は、荷物を減らすのに役立ちます。例えば、ウインドブレーカーなどは、さまざまなシーンで活用できます。

雨天時の防雨対策と、風よけ対策を同時にできる。

  • 日常使いでもおしゃれに着れる
  • 風が強い場所でも安心

サーフパンツ

水陸両用

圧縮袋

荷物を大幅に圧縮できる: 最大50%まで圧縮できるため、衣類の体積を大幅に減らすことができます。これにより、スーツケースやリュックのスペースを節約し、荷物を軽量化することができます。

様々なサイズ展開: 10L、14L、20L、30Lの4つのサイズから選ぶことができます。旅行の日数や持ち物量に合わせて、最適なサイズを選ぶことができます。

使い方が簡単: ダブルジッパー式で開閉が簡単です。圧縮ベルトを引っ張るだけで衣類を圧縮することができます。

クリップオンサングラス

紫外線カット、眩しさ軽減、ファッションアイテムとして使える。

クリップオンサングラスは、メガネの上に装着できるサングラスです。メガネのフレームに挟んで固定するので、サングラスとメガネを2つ持ち歩く必要がないです。

  • 眼鏡を普段使いしている人にもおすすめ
  • 顔の印象を変えたい時にも

シークレットベルト

  • スリの多い国等で役立つ
  • 緊急時のマネーを隠す

チルサンダル

3WAYシューズ

海やプールはもちろん、ちょっとした雨の日でも安心な水陸両用設計。靴とサンダルを兼用できるので、荷物を減らすことができます。

スニーカー兼ビーチサンダル兼スリッパ
登山とかしなければ、これで十分。

衣類のパッキングのポイント
  • 素材
    速乾性・軽量素材を選ぶ。ポリエステルやメリノウールがおすすめ。
    (汚れが目立ちにくいので、ダークカラーの服がオススメ)
  • 寒暖差は重ね着で対応
    気温の変化に対応できるよう、薄手の服を複数枚重ね着するのがおすすめ
  • 圧縮袋で圧縮
    衣類圧縮袋を使えば、かさばる服もコンパクトに収納できる
  • 多機能な服を活用
    ウインドブレーカーなど、1着で複数の役割を果たせる服を選ぼう
  • 軽量なスニーカーやサンダルを選ぶ
    用途に合わせた1足だけを持っていきましょう

ガジェットの軽量化

ガジェット類が床に並んでいる

旅のお供、ガジェットも軽量化できる!

充電器やコードなど、ガジェット類も意外と荷物が増えます。

軽量で複数の機能を備えたガジェットを使うことで、荷物を減らすことができます。

充電器付きモバイルバッテリー

俺

PC、スマホもこれ一つで充電、さらに大容量モバイルバッテリーとして使える。

PC、スマホもこれ一つで充電、さらに大容量モバイルバッテリーとして使える。

6in1ケーブル ケース

自由に接続端子の変換可能

ケースサイズ:9.5×5.8x1cm
重量:37g
Type-c to Type-cケーブルx1
Micro to Type-cアダプタx1
Lightning to Type-cアダプタx1
USB to Type-cアダプタx1
SIMカードリリースピン

変換プラグ

様々な国のコンセントの形に対応でき、海外旅行での電化製品使用に必須。

ニッキー
ニッキー

マルチ変換プラグって、ほんとうにそんなに便利なのかしら?海外出張や旅行に役立つの?

俺

1つで済むから超便利だぜ!快適な旅行を楽しむために必須アイテムだって言ってやるよ!

【世界200ヵ国以上に対応】
Zendure Passport II Proは、200か国以上をUS / EU / AU / UKプラグでカバーする、オールインワンの多機能トラベルアダプターです。61WのPD GaN急速充電アダプターによって、1つの変換プラグだけで世界中を旅行することができます。

ノイズキャンセリングイヤホン

耳栓+イヤホン

防水スマホケース

パスポート入れや首掛け財布としても使える。

スマートフォンの精密機器は、水濡れや砂埃によって故障しやすい。

海やプールなどの水場でもスマホを安心して、写真撮影や動画撮影を楽しめる。

ガジェットのパッキングのポイント
  • タブレットは必要?
    スマホで代用できる場合は、思い切って荷造りから外そう!
  • ノートパソコンは?
    超軽量のを選ぶか、計量時にベストに入れて着る!
  • 充電器は多機能タイプを
    複数の機器を充電できるタイプはかさばらず便利!
  • モバイルバッテリーは?
    軽量で高容量のものを選ぶのがポイント!
  • カメラはスマホで代用
    高画質な写真が必要なければ、スマホカメラで十分!
  • クラウドサービスを活用
    音楽や写真など、かさばるデータはクラウドサービスに保存しておけば、端末内に保存する必要はありません。

軽量化テクニックを駆使して、快適な旅を実現しましょう!

その他

洗面用具

歯ブラシ・歯磨き粉一体型

マイクロファイバータオル

速乾性と吸水性に優れ、バスタオル、フェイスタオル、ビーチタオルとして使える。

薄い生地なので、折り畳み易く、簡単に収納袋に収まる。折り畳み時は、薄さは普通の綿タオルの1/4コンパクトなタオル。

サイズ:40cm×80cm
重量:65g
付属品:収納袋

洗濯袋

  • コインランドリーの無い場所で便利。
  • 濡れたものの持ち運びに

着るバック

2WAYバック

karrimor tribute 40

大容量&コンパクトでメインバッグとして使いやすい。

軽量パッカブルリュック

旅行先でのサブバッグとして、荷物が増えた時に役立つ。

重さ
16L:105g / 24L:115g / 32L:125g

持って行く荷物の例

南国に2週間滞在の想定

着て行く衣類・身に着けて行く物

種類名前重量個数合計
Tシャツグリマー
4.4ozドライメッシュTシャツ
150g1150g
パンツ100g1100g
ソックス60g160g
襟付き長袖シャツ200g1200g
ボトムス
(長ズボン)
300g1300g
ウインド
ブレーカー
280g1280g
スマホ200g1200g
財布
(現金/カード)
300g1300g
チルサンダル
(26.5cm)
245g
1245g
身に着けて行く物 合計1,535g

衣類

種類名前重量個数合計
Tシャツグリマー
4.4ozドライメッシュTシャツ
150g3450g
パンツ100g3300g
ソックス60g3180g
ワッフルT(長袖)250g1250g
短パン280g1280g
海パンHilarocky
海水パンツ
140g1140g
ベストトラベルベスト390g1390g
水中メガネ60g160g
衣類合計2050g
※着て行く服・靴等は含まない


衣類は着回せるアイテムでコンパクトに

旅行では、同じ服を何度も着回すことが一般的です。そのため、洗濯しやすい素材の服を選び、色やデザインを統一することで、少ない服で多くのコーディネートを作ることができます。

ガジェット

種類名前重量個数合計
ノートパソコン13インチMacBook Air1240g 11240g
PCケース50g150g
充電器・モバイルバッテリーAnker 733 Power Bank320g1320g
変換プラグZendure 61W PD‎159g1‎159g
ケーブルNN.ORANIE
6in1充電ケーブル ケース
37g137g
イヤホンAnker Soundcore
Liberty 4 NC
‎213g1‎213g
ガジェット合計2019g

洗面用具/薬

種類名前重量個数合計
速乾タオルマイクロファイバータオル65g165g
髭剃り50g150g
歯ブラシETRAVEL 携帯用歯ブラシ40g140g
薬セット200g1200g
液体類350g1350g
洗面用具/薬
合計
705g
液体類は必要なものを最小限に

機内持ち込みの液体類は、100ml以下の容器に入れ、透明な袋に入れて持ち込む必要があります。シャンプーやリンス、化粧品など、必要なものを最小限に抑え、現地で購入できるものは現地で調達しましょう。

その他

種類商品名重量個数合計
リュックKarrimor Tribute 401230g11230g
サブバック4Monster
アウトドアバックパック
125g1125g
圧縮袋Hikenture
コンプレッションバッグ
110g1110g
書類パスポート・証明書100g1100g
その他合計1565g

着て行く衣類・身に着けて行く物は除外する

衣類合計:2050g
ガジェット合計:2019g
洗面用具/薬合計:705g
その他合計:1565g

合計 6,339g

その他の軽量・コンパクト化テクニック

子供がスーツケースに荷造りしている

小さな工夫が集まって大きな違いを生む!

衣類やガジェット以外にも、軽量・コンパクト化できるものはたくさんあります。

以下のテクニックで、荷物をさらに減らしましょう。

  • ポーチ等は使わずにジップロックを使う
    防水で軽量
  • 荷物の余白を無くす
    圧縮袋などで荷物の隙間を消す。
  • デジタル化
    紙のガイドブックや地図はスマホで代用。
  • 複数のポケット付きの服
    実質、容量の増加。
  • 現地で購入する
    旅先で手に入れられる物は持って行かない。
  • 器を軽量化する
    スーツケースはやめてリュックにする。

ちょっとした工夫で、荷物はもっと軽くコンパクトになります。

機内持ち込み7kgのルール

航空会社別ルール

機内持ち込み荷物のサイズや重量制限は航空会社によって異なるため、事前に確認することが大切です。一般的には7kgですが、5kgや10kgなど、会社によって様々です。

安全上の理由により、機内持ち込みが禁止されているアイテムがあります。

箱に禁止マークのイラスト
主な持ち込み不可アイテム
  • 液体類(100ml以下の容器に入れ、ジップロックなどの透明な袋に密封する必要がある)
  • 銃器類
  • カセットコンロ用ガス
  • オイルタンク式ライター
  • 花火・クラッカーなど
  • 酸素系漂白剤
  • 瞬間冷却材
  • 殺虫剤・農薬
  • 電池が取り外しできないヘアーケアグッズ
  • 液体バッテリー・水銀・塩素系漂白剤
  • 放射性物質を含む医薬品
  • 刃物類(ハサミ、カッターナイフ、髭剃りなど)
  • 160Whを超えるリチウムイオンバッテリーを使用した電子機器
  • スポーツ用品(ゴルフクラブ、テニスラケットなど)

機内持ち込み荷物の重量制限を守り、安全に旅行を楽しむために、事前に持ち込みルールを確認しましょう。

注意

持ち込み不可アイテムは、預け荷物に入れることもできません。持ち込み不可アイテムを持ち込もうとした場合、没収される可能性があります。

まとめ 7kgパッキングで快適な旅を実現しよう

繰り返しになりますが

持ち物は小さい、軽い、多機能、が基本

荷物を減らすためには、多機能なアイテムを利用して、1つの物にいくつもの役割を持たせる事を意識しましょう。

7kgパッキングを成功させるには、以下のポイントを押さえよう!

  • 多機能なアイテムを活用する
    1つのアイテムで複数の役割を果たせるものを選ぶと、荷物を減らせる。
  • デジタル化
    紙のガイドブックや地図はスマホで代用。
  • 現地調達できるものは現地で調達する
    特にボディーソープ等の液体物は重いので最低限に。
  • 少ない服で多くのコーディネートを作る
    トップスとボトムスを組み合わせることで、着回しの利く服を選びましょう。
  • 速乾性の高い衣類
    洗濯して着回し持って行く枚数を減らす。
  • 器を軽量化する
    スーツケースはやめてリュックにする。
  • 制限重量オーバーしそうなら?
    ベストに荷物を入れて着る。

7kg以内に収めるのは、ちょっとハードルが高いと感じる人もいるかもしれない。でも、ちょっとした工夫で誰でも挑戦できるんです。

ニッキー
ニッキー

まあ、少しは為になったわ。

俺

別に感謝されるつもりはないが、まあ、喜んでくれるならそれでいいかもな。旅行を快適に楽しんでくれよ。

これらのテクニックと便利グッズを駆使すれば、7kg以下の軽量パッキングで快適な海外旅行を実現できます。荷物の負担を減らし、身軽に旅を楽しんでください!