【軽量化の極意】機内持ち込み7kg以内を実現するパッキングのコツ 海外旅行で使えるおすすめ多機能&軽量アイテム

重い物 旅行
スポンサーリンク

海外旅行で荷物は軽量7kg以内に!機内持ち込みで実現する快適旅

あなたは海外旅行の準備でこんな悩みを抱えていませんか?

  • 荷物が多くて重くて、移動が大変…
  • 預ける荷物だと紛失が心配…
  • 荷造りが苦手で、何を持っていけばいいかわからない…

そんな悩みを解決するのが、7kg以下に抑える軽量パッキング!

「えっ、7kgなんて無理!」

そう思うかもしれません。でも、ちょっとしたコツを掴めば、7kgでも快適な旅を実現できるんです!

この記事では、軽量パッキングの秘訣と、おすすめ的多機能&軽量アイテムをご紹介します。

これを読めば、あなたも荷物のストレスから解放され、身軽で快適な海外旅行を楽しめるようになります!

荷物を減らして、快適な旅へ出発しましょう!

■この記事がオススメな方

  • 旅行は好きだが、荷物はできるだけ少なくしたい
  • 荷物を減らしたいけど、不便になるのはイヤ
  • 機内持ち込みの重量制限をクリアできるか不安
  • 海外旅行に必要な荷物をどうやって減らせばいいか
スポンサーリンク

荷物を軽くするとなんかいい事あるの?

船を見送る旅行者

軽量パッキングのメリット・デメリット

荷物が多いと、移動が大変になるし、手荷物紛失のリスクも高まる。

でも荷物を減らすのはメリットだけじゃない!デメリットも理解して、自分に合った方法を選ぼう。

メリット

  • 荷物預け料金の節約!
  • 空港での待ち時間が短縮!
  • 手荷物紛失の心配が減る!
  • 体への負担が軽くなる!
  • 旅の自由度がアップ!
  • 謎の達成感を得られる!

デメリット

  • 色々と選択肢が狭まる事がある。
  • 必要なものが現地で手に入らない可能性がある。
  • 洗濯の頻度が増える。
  • 現地での買い物が制限される
  • フォーマルな服装や大量の化粧品は持っていけない。

荷物が軽量なら、リュック一つで旅行できるから移動も楽々!

軽量パッキング成功の鍵 最低限の持ち物とリスト

リスト書く手

必須品

  • パスポート
  • 航空券
  • 現金
  • クレジットカード
  • スマートフォン
  • 充電器
  • 洗面用具
  • 着替え

別になくても良い物

  • シャンプー、リンス、ボディソープ (ホテルで用意されている場合が多い)
  • ドライヤー (ホテルで用意されている場合が多い)
  • ガイドブック (スマホで代用可能)
  • 本 (電子書籍リーダーで代用可能)
  • 短期旅行なら、フォーマルな服装は不用

軽量パッキングの鍵は、本当に必要なものだけを持っていくことです。

実際に持ち物リストを書き出す事で、シーン別で必要なものが分かりやすくなります。

海外旅行のパッキング 7kgの壁を突破せよ!

持ち物は小さい、軽い、多機能、が基本

荷物を減らすためには、多機能なアイテムを利用して、1つの物にいくつもの役割を持たせる事を意識しましょう。

多機能アイテムを活用すれば、荷物を減らしながら快適な旅行を実現できます。

ニッキー
ニッキー

7kg以内に抑えるなんて私には無理だわ

俺

結論から言うと3kg程度の重量オーバーならポケットの多い服に荷物を入れて着れば機内持ち込み制限はクリアできるんだ。

トラベルベスト

服とバックの兼用

機内持ち込み時の重量回避に

背中ポケット 縦約20cm 横約37cm


背中台形ポケット 上辺約11cm 高さ約40cm 下辺約50cm

俺

でも結局は重い荷物を持ち歩く事になるから全ての物を軽量化した方がいいぜ!

ニッキー
ニッキー

快適なのが一番ね!

一石二鳥なオススメ多機能アイテム

以下は、荷物を軽量にしたい方におすすめの多機能&便利なアイテムです。

衣類・ファッション

衣類

衣類は荷物の多くを占める! 賢く軽量化して荷物をスッキリさせよう!

1枚で複数の着方ができる服を選びましょう。

速乾性Tシャツ・速乾下着

旅行中に洗濯してもすぐに乾き、着替えを減らせる

衣類の素材は、速乾性と軽量性を重視しましょう。ポリエステルやメリノウールなど、汗を素早く吸収・乾燥させる素材は、洗濯後の乾きが早く、枚数を減らすことができます。

  • 汗をかいても快適に過ごせる
  • 着たままシャワーを浴びれば洗濯の手間を省ける

圧縮袋

かさばる服は、衣類圧縮袋で圧縮しましょう。体積を半分以下に圧縮できるので、荷物のスペースを大幅に節約できます。

薄手軽量のダウンジャケット

俺

寒い所もこれがあればでOK!

ポケッタブルなウルトラライトダウンジャケット

ヒートテック(上下)

ニッキー
ニッキー

重ね着すればしのげるわね。

防水ウインドブレーカー

雨天時の防雨対策と、風よけ対策を同時にできる。

  • 日常使いでもおしゃれに着れる
  • 風が強い場所でも安心

1枚で複数の着方ができる服は、荷物を減らすのに役立ちます。例えば、ウインドブレーカーなどは、さまざまなシーンで活用できます。

サーフパンツ

水陸両用

クリップオンサングラス

紫外線カット、眩しさ軽減、ファッションアイテムとして使える。

  • 眼鏡を普段使いしている人にもおすすめ
  • 顔の印象を変えたい時にも

シークレットベルト

  • スリの多い国等で役立つ
  • 緊急時のマネーを隠す

チルサンダル

3WAYシューズ

スニーカー兼ビーチサンダル兼スリッパ
登山とかしなければ、これで十分。

ポイント
  • 素材: 速乾性・軽量素材を選ぶ。ポリエステルやメリノウールがおすすめ。
  • 重ね着で対応: 気温の変化に対応できるよう、薄手の服を複数枚重ね着するのがおすすめ!
  • 圧縮袋で圧縮: 衣類圧縮袋を使えば、かさばる服もコンパクトに収納できる!
  • 多機能な服を活用: ウインドブレーカーなど、1着で複数の役割を果たせる服を選ぼう!
  • 軽量なスニーカーやサンダルを選ぶ

ガジェットの軽量化

ガジェット

旅のお供、ガジェットも軽量化できる!

充電器やコードなど、ガジェット類も意外と荷物が増えます。

軽量で複数の機能を備えたガジェットを使うことで、荷物を減らすことができます。

充電器付きのモバイルバッテリー

俺

PC、スマホもこれ一つで充電、さらに大容量モバイルバッテリーとして使える。

PC、スマホもこれ一つで充電、さらに大容量モバイルバッテリーとして使える。

コード類はまとめて収納

コード類はまとめて収納できるポーチを使うと、省スペース化できます。

 マジックテープやメッシュポケット付きのポーチが便利

変換プラグ

海外旅行での電化製品使用に必須。

ニッキー
ニッキー

マルチ変換プラグって、ほんとうにそんなに便利なのかしら?海外出張や旅行に役立つの?

俺

1つで済むから超便利だぜ!快適な旅行を楽しむために必須アイテムだって言ってやるよ!

  • 様々な国のコンセントの形に対応できる
  • 複数の国に対応できるオールインワンタイプがおすすめ

ノイズキャンセリングイヤホン

耳栓+イヤホン

ポイント
  • タブレットは必要?: スマホで代用できる場合は、思い切って荷造りから外そう!
  • ノートパソコンは?:超軽量のを選ぶか、計量時にベストに入れて着る!
  • 充電器は多機能タイプを: 複数の機器を充電できるタイプはかさばらず便利!
  • モバイルバッテリーは?: 軽量で高容量のものを選ぶのがポイント!
  • 変換プラグは必要最低限に: 行先国の電圧を確認して、必要なものだけを持っていこう!
  • カメラはスマホで代用: 高画質な写真が必要なければ、スマホカメラで十分!
  • クラウドサービスを活用:音楽や写真など、かさばるデータはクラウドサービスに保存しておけば、端末内に保存する必要はありません。

軽量化テクニックを駆使して、快適な旅を実現しましょう!

その他

洗面用具

歯ブラシ・歯磨き粉一体型

速乾タオル

速乾性と吸水性に優れ、バスタオル、フェイスタオル、ビーチタオルとして使える。

  • 1枚で様々な用途に使える
  • 洗濯の手間が省ける

マッサージ機能付きアイマスク

睡眠の質を向上し、光を遮断。

  • 昼寝や仮眠にも最適
  • 移動中の睡眠をより快適に

洗濯袋

  • コインランドリーの無い場所で便利。
  • 濡れたものの持ち運びに

着るバック

2WAYバック

パッカブルリュック

旅行先でのサブバッグとして、荷物が増えた時に役立つ。

その他の軽量・コンパクト化テクニック

小さな工夫が集まって大きな違いを生む!

衣類やガジェット以外にも、軽量・コンパクト化できるものはたくさんあります。

以下のテクニックで、荷物をさらに減らしましょう。

  • ポーチ等は使わずにジップロックを使う:防水で軽量
  • 荷物の余白を無くす:例:サンダルの中に衣類
  • デジタル化: 紙のガイドブックや地図はスマホで代用。
  • 複数のポケット付きの服:実質、容量の増加。
  • 現地で購入する:旅先で手に入れられる物は持って行かない。
  • 器を軽量化する:スーツケースはやめてリュックにする。

ちょっとした工夫で、荷物はもっと軽くコンパクトになります。

機内持ち込み7kgのルール

航空会社別ルール

機内持ち込み荷物の重量制限は航空会社によって異なるため、事前に確認することが大切です。一般的には7kgですが、5kgや10kgなど、会社によって様々です。

安全上の理由により、機内持ち込みが禁止されているアイテムがあります。

主な持ち込み不可アイテム

  • 液体類(100ml以下の容器に入れ、ジップロックなどの透明な袋に密封する必要がある)
  • ライター、マッチ
  • 銃器類
  • カセットコンロ用ガス
  • オイルタンク式ライター
  • 花火・クラッカーなど
  • 酸素系漂白剤
  • 瞬間冷却材
  • 殺虫剤・農薬
  • 電池が取り外しできないヘアーケアグッズ
  • 液体バッテリー・水銀・塩素系漂白剤
  • 放射性物質を含む医薬品
  • 刃物類(ハサミ、カッターナイフ、髭剃りなど)
  • 160Whを超えるリチウムイオンバッテリーを使用した電子機器
  • スポーツ用品(ゴルフクラブ、テニスラケットなど)

注意

持ち込み不可アイテムは、預け荷物に入れることもできません。持ち込み不可アイテムを持ち込もうとした場合、没収される可能性があります。

機内持ち込み荷物の重量制限を守り、安全に旅行を楽しむために、事前に持ち込みルールを確認しましょう。

まとめ 7kgパッキングで快適な旅を実現しよう

持ち物は小さい、軽い、多機能、が基本

荷物を減らすためには、多機能なアイテムを利用して、1つの物にいくつもの役割を持たせる事を意識しましょう。

7kgパッキングを成功させるには、以下のポイントを押さえよう!

  • 本当に必要なものだけを持っていく: 不要なものは思い切って荷造りから外そう!
  • 多機能なアイテムを活用する: 1つのアイテムで複数の役割を果たせるものを選ぶと、荷物を減らせる。
  • 軽量な素材を選ぶ: 速乾性・軽量素材の服や、小型で軽量なガジェットを選ぶと良い。
  • 持ち物のリストを作る: 事前に持ち物のリストを作っておくと、忘れ物がないか確認できる。
  • 現地で購入できるものは現地で購入する: シャンプーやリンスなど、現地で購入できるものは持って行かない。

7kg以内に収めるのは、ちょっとハードルが高いと感じる人もいるかもしれない。でも、ちょっとした工夫で誰でも挑戦できるんです。

ニッキー
ニッキー

まあ、少しは為になったわ。

俺

別に感謝されるつもりはないが、まあ、喜んでくれるならそれでいいかもな。旅行を快適に楽しんでくれよ。

これらのテクニックと便利グッズを駆使すれば、7kg以下の軽量パッキングで快適な海外旅行を実現できます。荷物の負担を減らし、身軽に旅を楽しんでください!